オリバーガルの作品は著作権に反していないのか

オリバーガルの作品は著作権に反していないのか

現在では、様々な大手ブランド企業が誕生していますよね。

海外で人気な企業もあれば、日本だけでシェアが拡大しているブランドも少なくありません。

そんなブランドの内の一つで人気なのが、オリバーガルというアートブランドです。

独特なデザインながら、幅広く活用できるため人気を博しています。

ですが、オリバーガルの出す絵画が「著作権に抵触していないか?」という疑問も出ています。

オリバーガルが著作権侵害を疑われる理由

オリバーガルが好きな方からすれば、「どうして著作権侵害を疑われるのか」と思う方も少なくありません。

理由としては単純で、オリバーガルの絵画に使用されているものが原因です。

実は、オリバーガルの絵画のほとんどに「他の大手ブランドのロゴマーク」が使われています。

1社や2社ではなく、かなり多くのブランドのロゴを多用していて、それを基調としたデザインのアート作品を多数制作しているのです。

しかし、ブランドのロゴを使用するのにオリバーガルが許可を得ているかというと、それもまた不明瞭になっています。

ですので、「勝手に使うのはダメじゃないのか」という意見が出るのも仕方ないでしょう。

オリバーガルの絵画は著作権侵害?

では、オリバーガルの絵画は本当に著作権を侵害しているのでしょうか。

もし侵害していて違法だとなれば、ブランドごと潰れかねない事態ですよね。

結論から言うと、オリバーガルの絵画は決して著作権は侵害していません。

まず著作権というのは、作者の感情や創意を表現した表現物に与えられるものです。

つまり、ハンドメイドの商品などは、全て著作権を持っていると言えます。

しかし、企業のロゴマークにはそのような著作権は存在しません。

ロゴマークは著作権とは違って、商標権というものを持っています。

この商標権は、特定の企業が生産するブランド商品を他社が勝手に同じブランドとして売り出さないために存在します。

ですので、商標権を持っているロゴマークを絵画の一部に使ったとしても、特に違反にはなりません。

なぜなら、他ブランドのロゴマークを使用していても、オリバーガルというブランドで絵画を売っているからです。

それどころか、オリバーガルはロゴマークを使用して一つの絵画として完成させて、完成した絵画を売っているので、合法的な売り方だとも言えます。

オリバーガルは違法な販売はしていない

ロゴマークを使用しているからといって「著作権侵害」という言葉をすぐに出す方も多いですが、オリバーガルはしっかりと自身のブランドの絵画を売っている正当な企業です。

しかし、問題にならないとは限りません。

グレーゾーンで作品を展開するオリバーガルですが、品質はどれも素晴らしいものばかりですので、このような問題があるからといって嫌う必要はないでしょう。

オリバーガルを激安で購入する方法がある!のトップ